BIO

Dorian Goto Stone is an award winning bilingual director, writer, producer and editor based in Japan. 

He is currently freelance, providing video production and 360 virtual reality solutions both large and small based on corporate and individual clients' needs.

He started his career in New York as a freelance filmmaker shooting television interviews and doing field shoots, filming reality tv pilots, and directing music videos, product promos, tutorials, short films and theatre. 

 

From 2012 - 2018 as an employee of Google he launched and ran the YouTube Space Tokyo, where he set up a production environment with every filmmaking tool imaginable and custom sets as well as production education programs that helped hundreds of creators per year elevate their video skills. 

In 2018, he returned to video production in order to pursue his passion of filmmaking. As a storyteller, he loves pushing the boundaries in narrative structure in both traditional film, video and 360 virtual reality. He is excited by the potential inherent in both traditional motion pictures and VR and looks forward to continue breaking new ground with innovative storytelling. 

ドリアン 後藤 ストーン

映像ディレクター・プロデューサー (バイリンガル)

ニューヨークでフリーランスのカメラマン・監督として活動、ミュージックビデオ、テレビ番組の撮影、短編映画など数多くの作品を手掛けた。

日本では2012~2018年の間、世界3つ目のユーチューブスタジオである YouTube Space Tokyo の設立と運営をし、日本そして世界のトップクリエイターを様々な形で支援と育成をした。エグゼクティブプロデュースをした数多くのクリエイターの動画は数億ビューを獲得している。映画会社や著名クリエイター(スタンリー氏やギレルモデルトロ監督など)ともタイアップをし、今までなかったような新鮮なコンテンツをプロデュースした。360度映像のアーリーアダプターでもあり、360度機材を YouTube Space に導入した。当時(2016)最先端のグーグルジャンプの制作プログラムを担当し、世界初のグーグルジャンプを利用したユーチューブクリエイター撮影企画をリードした。

映画制作に対して強い思いの元、2018年に独立し、フリーランスの映像ディレクター・プロデューサーとして活動中。脚本・監督・編集・プロデューサーとして制作した実写VR映画「GEIMU」がバンクーバー国際映画祭 2020 のVR部門でファイナリストに選択され、4K・VR 徳島映画際 2020 のVR部門で優勝し、Raindance Org のJapan Indies Film Festival のVR部門で優勝しました。

dorian_vr.jpg

Dorian Goto Stone on the set of GEIMU (2020) an award winning VR film he wrote, directed, edited and produced in Japan.